女性キャッシングで収入証明書は必要?

キャッシングは無担保・無保証、本人確認書のみでの申し込みができるという点が大きなメリットです。しかし、キャッシング会社のHPを見ていると、申し込み時に収入証明書類の提出が必要になる場合もあるという但し書きを目にすることがあります。

 

これってどんな場合に必要になってくるのでしょうか?

 

この但し書きの部分だけを見ると、パートやアルバイトで収入が少ない主婦などが提出を求められるのだろうか?と勘ぐる人も少なくないかと思います。しかし、収入が少ないパートやアルバイトだからといって、収入証明書類の提出が求められるわけではありません。

 

現在は本人確認書類と週証明書類のセットの提出を求めるキャッシング会社もあるようですが、一般的には本人確認書類だけでOKですから、収入の少ない主婦でも収入証明書類の提出を求められることはないので安心してください。

 

それでは収入証明書類が必要になるのはどのような場合なのか、説明していくことにしましょう。

 

収入証明書類が必要なケース

 

一般的なキャッシング申し込みの場合には、キャッシングの利用限度額が50万円以下に設定されていることが殆どです。しかし、この利用限度額はキャッシング会社が定める範囲以内ならば、50万円を超える額に設定することができるのです。

 

これは申し込み時に設定変更を申し出ることになるのですが、このケースの申し込みには本人確認書類の他に、収入証明書類の提出が必須となってきます。

 

何で収入証明書類が必要になるの?

 

それでは限度額変更の際には、なんで収入証明書類の提出が必要になってくるのでしょうか?普通に考えれば、高額な借り入れができるようになるので、本当にその返済ができるのかを確認するためという理由が妥当でしょう。

 

もちろんその理由もあるのですが、1番の理由としては総量規制が大きく関係してきます。
総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れを禁じた法律です。

 

ですから50万円を超えるような借り入れを前提とした申し込みには、この総量規制に違反していないか、違反する可能性はないかという点を確認する必要があるのです。総量規制に引っかかるかどうかの見極めには、100万円の借り入れ金額が基準とされます。

 

しかし、これは収入額によって個人差が出てくるので、収入証明書類で確認する必要があるというわけです。 一般的な申し込みの場合は収入の少ない主婦であっても、収入証明書類の提出は不要です。

 

収入が少ないからといって、不安に思うことはないので安心して申し込むようにしてください。