キャッシングの審査基準を解説

無担保・無保証の上、本人確認書だけで申し込みが可能なキャッシングですが、キャッシングの魅力は申し込み安いという点だけはありません。即日キャッシングさえ可能にしてくれるスピード審査という大きなサービスもあるのです。

 

現在大手のキャッシング会社は最短30分というスピードキャッシングを導入しているところばかりで、申し込んだ日からキャッシングが可能な点が大きなウリとなっています。

 

一般的に審査といえばまず、多くの書類を用意して、何日もかかる銀行の審査が思いつきます。
ですから通常は借り入れ審査は面倒なものという印象を持っている人が殆どだと思います。

 

それではキャッシングは、何で30分なんていう短い時間で審査が可能となってくるのでしょうか?

 

それは銀行とは全く審査基準が違うという点が挙げられます。
それではキャッシングにおける審査基準とはどんなものなのか、詳しく見ていくことにしましょう。

 

キャッシングの審査基準は?

 

一口に審査基準と言っても、各キャッシング会社が明確な審査基準を提示しているわけではありませんから、キャッシングの審査基準を細かく説明することはできません。

 

しかし、スピード審査という短い時間で審査を済ませれることを考えると、銀行よりも確実に審査基準は低いと言えるでしょう。そこでキャッシングの審査基準なのですが、明言はされていませんが、基準となるのは次の3つのようです。

 

まずは安定した収入があるかという点です。

 

これは返済能力に直接関係してくることなので大きなポイントとなります。

 

そして次が多額の借り入れがないかという点です。

 

現在は総量規制に基づいて、年収の3分の1以上の貸し付けが禁じられています。なので総量規制に引っかかるような多額の借り入れがあるかないかは確実に審査基準の1つとなってきます。

 

また収入の大きさにもよりますが、多額の借り入れは返済能力を問われることともなるので見逃せないチェックポイントとなってくるわけです。

 

そして最後が返済実績や金融事故です。

 

返済実績が悪い場合は、それだけで返済能力に対しての信用の低さを証明しますし、金融事故ともなれば信用はゼロということになります。つまり、キャッシングの審査においては、申し込み者の返済能力をための3つの項目がチェックされるというわけです。 

 

キャッシングの審査基準になる項目は各社とも上記の3点が重要視されます。

 

しかし、その基準はキャッシング会社によって違ってきます。

 

ですからあるところで審査NGでも、違うところではOKということも十分にあるのです。1社ダメだったから他もダメということではありませんから、諦めずに他社申し込みを行ってみましょう。