審査に落ちない為のコツとポイント

キャッシングに限らず、ローンや大きな借り入れをする場合には、必ず審査にパスすることが条件となってきますが、中にはその審査に落ちて、全く理由が分からにと不思議に思っている人も少なくないでしょう。

 

審査に落ちるということは、すなわち申し込み者に条件にあった返済能力がないと判断されたことになります。ですから、審査に落ちた人には返済能力や信用に何かしら問題点があったということになるのです。

 

キャッシングは審査に通りやすいことで有名ですが、そのキャッシングにおいても、申し込んだ人すべてが審査に通るわけではありません。

 

通りやすいと言われているキャッシングでも、NGな条件というものがあるのです。それでは。そのキャッシングの審査に落ないためにも、気をつけなければならないポイントを説明していくことにしましょう。

 

虚偽の記載をしない

 

申し込み時に1番気をつけなければならないのが、質問事項や記載事項に対して虚偽の記載をしないことです。審査時には信用情報機関から個人情報が取り寄せられるので、仮に虚偽の記載をしていたとしても絶対にバレてしまいます。

 

この行為は大きく信用を落とすこととなるので絶対に行ってはなりません。

 

またうっかり記入ミスという事態も避けましょう。わざとでないにしても同様の認識を持たれますから、記入後には誤りがないかチェックすることが大事です。

 

借り入れを減らしてから 

 

申し込みが初めてでない場合、他社からの借り入れ金があることが想定されますが、借り入れ総額によっては審査が通りにくいこともあります。というのもキャッシング会社は、年収の3分の1以上の貸し出しができないという総量規制を遵守しなければならないので、借り入れ額が多い場合は総量規制に引っかかることを懸念します。

 

ですから現在の借り入れ総額が多いかな?と思われる方は、返済を進めてからの申し込みをするようにしましょう。

 

1度に複数申し込みをしない

 

どこが通るかわからないから、複数社へまとめて申し込むという人がたまにいるようですが、これは絶対にNGなので止めるようにしましょう。審査時に使用される信用情報にはどこが照会したかという足跡が残ります。

 

ですから1度に複数社が信用情報を見ることになるで、キャッシング会社は複数社に申し込んだことが分かるのです。キャッシング会社にとってこの行為は、よっぽどお金に困っている人、既に何社にも断られた人という風にしかうつりませんから、大きく信用を落とすこととなります。

 

それにこの行為はキャッシング業界では「申し込みブラック」とも呼ばれ、NGな申込者と決めつけられてしまいます。

 

絶対に行わないようにしましょう。 

 

他にもまだまだ気をつけてもらいたい点はありますが、以上の3つは必ず気をつけてもらいたい重要なポイントです。くれぐれもうっかりミスで審査に落とされたということにならないためにも、くれぐれも気をつけるようにしてください。