女性向けキャッシングの申込み方法と必要書類

キャッシング人口は減ることなく、年々増加の一途をたどっていますが、女性のキャッシング人口は未だ少ないのが現状です。ですから、いざキャッシング申し込みしようとしても何を用意して、どうしたらいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

 

それでは初めてのキャッシング申し込みで迷うことのないように、用意しなければならない必要書類には何があるのかと、キャッシングの申し込みはどうしたらいいかを説明しましょう。

 

申し込み時に必要な書類は?

 

キャッシング申込の際に必要な書類は、基本的には本人確認書のみです。

 

銀行で借り入れする際のように色々な書類を用意する必要はないので、思いついたらすぐ申し込みすることができます。しかし次のような場合には、本人確認書以外にも用意しなければならない書類が発生するので注意が必要です。

 

@本人確認書の住所と現住所が違う場合

 

本人確認書として代表的なものとしては運転免許書が挙げられますが、引越ししたばかりで住所変更をしていないとか、そのままにしているという人は少なくないと思います。

 

しかし、この場合は本人確認書の有効性を証明するために、現住所を証明できる電気代やガス代など現住所が明記された請求書や領収書が必要となります。

 

A利用限度額を50万円以上に変更する場合

 

一般的なキャッシングの利用限度額は50万円が上限とされていますが、キャッシング会社が対応できる金額までならば、その利用限度額を増やすことも可能です。

 

ですが50万円を超える利用限度額を希望する際には、本人確認書の他に収入証明書の提出が求められます。変更希望の場合は収入証明書を用意しておくことを忘れないようにしましょう。

 

申し込み方法は?

 

キャッシング申し込みとしてはATMの利用が有名ですが、今ではパソコンや携帯端末を使ったインターネット申し込みもできます。申し込みはどちらも簡単です。

 

ATMならば音声ガイダンスに沿って必要事項を入力するだけ、インターネット申し込みならば、画面上のガイダンスに沿って必要事項を入力するだけで審査に進め、あとは審査結果を待つだけです。

 

ATMの場合、審査OKならその場で契約完了でカード発行が受けられますが、審査の間その場にいるわけではないにので、契約するのに再びATMへ向かう必要があります。しかしインターネット申し込みなら、カードを当日受け取ることはできませんが、この2度手間は省くことができます。

 

今では出向かなくて済む上、秘匿性の高いインターネット申し込みを利用する人が増えています。
使いやすさを考えても申し込むならインターネットが断然おススメですね。