借りる前に金利・利息について学ぼう

キャッシングは申し込み基準が低く、収入が少ない人でも十分契約可能な使いやすいサービスです。しかし、利用時に忘れてはならないのは、キャッシングは金利がかなり高いというポイントです。

 

金利が高いということは、借りる金額が増えれば増えるほど利息は高くなり、返済金額も大きくなるということです。これは利用者にとっては大きなデメリットとなるのですが、キャッシングには使いやすいという大きなメリットがあるので、上手く利用していきさえすればキャッシングは本当に便利なサービスと言えるでしょう。

 

ですからこのデメリットが本当に利用者のデメリットとならないためにも、金利や利息についてよく知っておく必要があるのです。それでは今回はその金利と利息について詳しく説明していくことにしましょう。

 

キャッシング会社の金利と利息

 

キャッシング会社は実質年率という金利計算法で利息を算出します。キャッシング会社の利用条件を見てもらえばわかるのですが、金利は「実質年率○○%〜△△%」という表記で表されています。

 

実質年率という言葉は一般に人にはあまり馴染みのない言葉だと思いますが、簡単に説明すると借り入れした金額に対して1年間で掛かってくる利息を計算するための数値です。

 

実質年率18%で20万円借り入れしたとします。
そうすると1年で掛かる利息は「20万円×18%=36,000円」となります。

 

月割にすると、毎月3,000円の利息が発生することとなるわけです。そしてこの倍額の40万円借り入れしたとすると、1年で掛かる利息は72,000円で、毎月6,000円の利息が発生することとなります。

 

利息の額を見比べてもらえれば明白なのですが、キャッシングは借り入れが多ければ多いほど、利息が高くなるサービスというわけなのです。

 

借り入れは利息をよく計算してから

 

キャッシングには、借り入れ金額が多ければ多いほど、多くの利息が発生するという明白な事実があります。しかしキャッシングを利用する人はこの点に無頓着な人が多いのが実情です。

 

というのも、申し込みやすい、審査に通りやすいという点だけに目がいってしまい、小遣い程度の借り入れだから少々金利が高くても気にしないという人が多いのです。

 

ですが、1回で借り入れする金額が少額だとしても、それを繰り返せばあっという間に利用限度額いっぱいになってしまったということは珍しいことではないのです。ですから知らないうちに借り入れ総額が40万円、50万円に膨らんでしまい、利息だけで10万円を超えてしまったというケースも十分にありうることなのです。

 

そうならない為にも、キャッシングの金利や利息を決して甘く見ることはできないのです。