知っているとお得な返済のコツ

キャッシングは限度枠内ならばいくらでも簡単に借入れすることができるので、利用者にとっては本当に使い勝手のいいサービスです。

 

しかし、使い勝手がいいからといって、考えなしに借り入れを繰り返していると、知らないあいだに借り入れ金額が膨らんでしまい、限度額いっぱいになっていたという人も少なくないでしょう。

 

そうなると気になってくるのが利息です。

 

キャッシングは使い勝手がいい反面、利子が高いという利用者にとって決して嬉しいとは言えないマイナス面を持ち合わせています。ですから、調子に乗って借り入れを行うと、思いがけないような利息を支払うハメにもなりかねないのです。

 

それではそうならない為にも、知っていると得する返済時のコツについて紹介していくことにしましょう。

 

借り入れ総額を把握しよう

 

キャッシングの場合、少額借り入れの繰り返しをする人の中には、一体今いくら借りているのか分からず、借り入れを全く把握していないという人も少なくありません。

 

キャッシングは実質年率という金利計算に基づいて利息が算出されるわけですが、借り入れ総額が多ければ多いほど利息が高くなるという性質があります。

 

ですから、現在の借り入れ総額をちゃんと把握しておかないと高額な利息を支払うハメにもなりかねないのです。そうなると毎月チャンと返済しているのに、支払っているのが利息分にしか満たず、いつまでたっても返済が終わらないという悪循環となることも考えられます。

 

ですからまずはいくら借りているかをしっかりと把握して、その上で利息だけでなく元金返済を行える額を返済していかなければならないのです。

 

金利の負担を減らそう

 

先ほど申しましたが、キャッシングの利息は借り入れ金額に比例することになるので、借り入れを減らせば、利息を安くすることが可能です。実質年率18%のキャッシング会社に現在50万円の借り入れがあるとしましょう。

 

そうすると現在の利息は「50万円×18%=9万円」ということになり、月額7500円の利息が発生しています。ここで仮に20万円一気に返済したとします。

 

そうすれば借り入れは30万円となるので「30万円×18%=54000円」となり、月額4500円の利息まで減らすことができます。ですから高額な借り入れがある場合は、臨時収入などを利用してできるだけ早期返済を心がければ、高額な利息を安くすることができるというわけです。

 

1番いいのは端からこんな借り入れをしない事に尽きるのですが、借りてしまった場合は、少しでも利息を安くするために、前倒しの返済を心がけるようにしましょう。