返済方式で利息の支払い方法が変わる?

キャッシングで借り入れには利息が付くこととなり、返済時には借り入れした元金と、その利息を合わせた合計額を分割で支払うこととなります。

 

しかし、その返済方式には様々なものがあり、キャッシング会社によって採用されている方式も一緒ではありません。しかし、その返済方式によって利息も変わってきますし、返済年月も変わってきます。

 

ですから借り入れ金額に応じてどのような返済方式が最適なのかを考えて、返済方式を選ぶのが1番利口な返済方法とも言えます。それでは返済方式にはどのようなものがあるかを紹介していきながら、どの返済方式がいいのかを考えていきたいと思います。

 

リボルビング返済

 

キャッシングの支払い方法で一般的に採用されている返済方式です。

 

クレジットカードの支払いにも採用されており、「リボ払い」などとも呼ばれているので、耳にしたことがある人も多いでしょう。この方式は借り入れ金額の大小にかかわらず、毎月の返済額を定額にしたものです。

 

ですからいくら借り入れ金が増えたとしても、毎月の返済額が増えることはないので、利用者にとってはとても利用しやすい返済方式と言えるでしょう。しかし返済年月が長くなり、自ずと支払う利息も大きくなるので、大きな借り入れをした場合にはなかなか返済が終わらないというデメリットがあります。

 

元利均等返済、元利均等方式

 

借り入れした元金と、それにかかる利息を毎月決まった一定額で返済していく方式です。

 

毎月定額返済できるのですが、返済当初は利息の返済比率が多く設定されているので、最初は利息返済、その後に元金返済に当てられます。キャッシング会社は確実に高い利息を得ることができますが、利用者にとっては高い利息をとられることになるので、あまりオススメの方法とは言えません。

 

元金均等返済、元金均等方式

 

元金に金利を掛けた利息と毎月一定額の元金返済をする方式です。

 

毎月の元金返済が元利均等返済、元利均等方式と違い、定額なので確実に元金を減らすことができ、利息が軽減できるというメリットがあります。

 

しかし返済当初は金利が高いために、利息額が大きく返済額が多くなるデメリットがあります。

 

しかし返済が進むにつれ金利が安くなり、返済負担も軽くなってくるので、利息を安くしながら確実に返済するには最適な方法と言えるでしょう。

 

まとめ払い

 

ボーナスなどまとまった収入があった時に、借り入れ残高をまとめて返済できる方式です。

 

まとまった返済をすることで、金利を一気に安くすることができ、早めの返済完了も可能となるので、是非利用してもらいたい方式と言えるでしょう。 

 

 

以上、色々な返済方式について紹介してきましたが、キャッシングでの少額借り入れならリボ払いが使いやすいのですが、高額な借り入れになると利息の問題もあり、返済期間も考えなければなりません。

 

ですから借り入れ額が高額ななった場合には、元金均等返済、元金均等方やまとめ払いを利用するのが賢い返済方法と言えるでしょう。