初めてキャッシングを利用する方の注意点

誰でも簡単に申し込めて手軽に使用することのできるキャッシングですが、使いやすいというキャッシングのメリットが仇となることもあります。キャッシングを利用する際に1番気をつけなければならないのは、健全な利用を心がけるという点です。

 

この点に気を付けないと、過分な借り入れをしてしまい、返済に困るということにもなりかねません。それでは健全なキャッシングを心がけるためのポイントを紹介していくことにしましょう。

 

キチンとした返済計画を立てた借り入れが重要

 

キャッシングは借りやすいという大きなメリットがありますが、このメリットは逆に言えば歯止めがきかないということでもあります。事実、ATMの導入によってキャッシング人口が爆発的に伸びた折、何社ものキャッシングを利用して返済しきれないほどの借金を負ってしまったという人が急増しました。

 

現在は借り入れ金額を規制するための法律である総量規制が制定されたので、そのような人はいなくなりましたが、未だに借り過ぎてしまうとうい人は少なくないのです。

 

現在のキャッシングは最高50万円までの借り入れ金額が限度額となっていますから、返済しきれないほどの借金を背負うということは少ないでしょう。しかし、借り過ぎるとその分、利息は大きくなり返済額が多くなってくることは確かです。

 

健全なキャッシングを行うためには、まずは負担にならない程度の返済で済む借り入れを心がけることです。借り過ぎ防止のためにも、キチンとした返済計画を立ててからの利用がおススメです。

 

金利には気をつけて

 

キャッシングは使いやすいというメリットがある反面、金利が高いという大きなデメリットがあります。ですから毎月キチンと返済しているのに、いつまでたっても返済が終わらないということにもなりかねなません。

 

これは誰もが引っかかるキャッシングの隠されたカラクリとも言える点ですから、よく理解しておかなければ誰もがそうなる可能性があります。

 

実質年率18%で20万円借り入れしたとします。

 

そうすると1年で掛かる利息は36,000円となり、月に3,000円の利息が発生することとなります。そこで返済方法ですが、無理なく返済しようとして毎月の返済金を3,000円に設定していたとすると、いつまでたっても金利を支払っているだけで、元金の返済はできません。

 

こうなると返済はいつまでたっても終わることなく、延々と続く事になるのです。

 

「そんなの当たり前だろ」と言われるかもしれませんが、これはこの金利についてよく把握しているからこそ言えることで、分からずに元金返済にならない返済額を設定してしまうことも少なくないのです。

 

キャッシングを利用している人には、このカラクリを知らずに延々続く返済地獄に浸かってしまうケースも多くあります。始めてキャッシングする際には、そうならないためにも金利についてよく理解しておくようにしてください。