キャッシングとクレカってどっちがお得?

キャッシングカードとクレジットカード、この2つは全く別のものという認識の人も多いのですが、キャッシングは何もキャッシングカードでなければ利用できないというサービスではないのです。

 

クレジットカードにもキャッシング枠がチャンと用意されており、クレジットカードを使ってキャッシングすることが可能です。おそらくクレジットカードは商品購入の際に使用するものという固定概念が強いために、このクレジット枠が付いていること自体知らなかったという人も少ないのではないでしょうか。

 

それならば、クレジットカードがあれば、わざわざキャッシングカードを作る必要はないということになってきますよね。ですが話はそんなに簡単なものではないのです。

 

確かにそれで十分という人もいるかもしれませんが、キャッシングカード、クレジットカードともにメリットがあるので、キャッシングに特化した利用を希望するならやはり、キャッシングカードを利用した方が便利という人が多いのも事実です。

 

それではキャッシングカードとクレジットカードは一体どっちが得なのでしょう。
それぞれの違いを見ていきながら、その答えについて検証していきたいと思います。

 

キャッシングカードとクレジットカードの違いは?

 

まず最初にキャッシングとクレジットの意味について説明したいと思います。

 

キャッシングとはお金を借りることを意味し、クレジットとは信用買いで買い物をすることを意味します。ですからこの両者は本来利用目的が違う全く別のもの違うものということなのです。

 

しかし、近年は現金よりもクレジットカードを利用した買い物が多くなり、大抵の所はクレジットカード払いOKという対応を取っています。これほど普及した要因としては、クレジットカードが持つ多機能さが挙げられます。

 

買い物だけでなく、旅行傷害保険やポイント特典などもあり、今回の焦点となるキャッシング機能まであるというマルチさがクレジットカードの大きなメリットです。

 

1枚持っていれば大抵は対応することができるのですから、普及しないわけがありませんよね。

 

これに対してキャッシングカードはキャッシング機能のみのカードですから、クレジットカードのような多目性はありません。しかし、キャッシングの限度額に関してはクレジットカードよりも高く設定されているので、まとまったお金が必要になった場合はキャッシングカードの方が利便性が高いと言えるでしょう。 

 

以上のようにキャッシングする際に、キャッシングカードとクレジットカードどちらか一方を選ぶとすれば、キャッシングは少額でOKで多目的に活用したいという場合はクレジットカード、まとまったお金が必要になった時に備えたい、限度額が高いほうがいいという場合ならキャッシングカードということになってくるでしょう。

 

どちらが得なのかは、利用方法によって大きく変わってくるというわけです。