主婦でも2社目のキャッシングは可能?

最近は女性専用のキャッシングサービスを展開しているキャッシング会社が増えてきているので、女性も安心してキャッシングに申し込めるようになり、現在は徐々に女性のキャッシング人口も増加している傾向にあります。

 

しかし女性の申し込み者の中には定職に就いている人ばかりではなく、パートやアルバイトをしている主婦も多くいます。ですから主婦の場合、キャッシングの審査に通っても収入面の問題から利用条件が悪くなることは避けられません。

 

キャッシングを利用している人は1社だけの利用でなく、複数社利用したがる傾向があります。

 

複数社のキャッシングを利用するには様々な理由があるのですが、増えている女性のキャッシング人口を考えれば、1社だけでなく2社目を利用したいと考える人も出てくることでしょう。

 

それでは申し込み者が主婦でも、2社目のキャッシング利用は可能なのでしょうか?

 

今回はキャッシング審査について詳しく説明していきながら、2社目のキャッシング利用は可能かどうか検証していくことにしましょう。

 

キャッシングの審査基準は?

 

主婦の2社目のキャッシング利用は可能かどうかは、キャッシング審査が大きく影響してきます。
キャッシング審査時に重要になるポイントは、申し込み者に返済能力があるかどうかという点です。

 

パートやアルバイトによる収入は定職に就いている人よりも低くなることが予測されるので、返済能力が低く見られることは仕方がないことです。しかし、それは利用限度額や金利設定で調整されるので、収入が低いことが直接審査に大きく影響することはないと言えるでしょう。

 

しかし、収入に対して借り入れ割合が高い場合は、返済能力が低いとは判断されることになります。ですから主婦が2社以上のキャッシング申し込みする際には、収入に対する借り入れ比率が高いかどうかが重要なポイントとなってくるというわけです。

 

審査を通りやすくするためには

 

パートやアルバイトで収入が低いという主婦は、それだけで複数社契約には不利な条件となるのですが、できるだけ審査に通りやすくするためのポイントはあります。

 

それは現在勤めているパートやアルバイトの勤続年数が長いという点です。

 

勤続年数が長ければ、今後も継続して定期的な収入が得られるという信用が高くなります。
短い場合は、せめて1年以上は経過した時期での申し込みをおススメします。

 

また、チョッと借り入れ額が多いかなと感じる場合は、返済を進めてからの申し込みが必須です。
収入に対して借り入れ割合が高い場合は、大きなデメリットとなります。

 

できるだけ借り入れを減らしてからの申し込みを心がけましょう。